Spot 2024.06.15

夏休みの旅行におすすめの「グアム」|夏ならではの観光スポットまとめ

夏休み旅行におすすめの観光地「グアム」

グアムのモニュメント
画像出典:グアム政府観光局

夏休みといえば、どのようなレジャーを想像しますか?夏祭りや花火などの日本らしいイベントも魅力的ですが、やはり海やプールなどのマリンアクティビティも欠かせません!

青い空、青い海、白い砂浜。現実から離れた非日常的な場所で、夏休みを満喫したい……。そんな願いを叶えてくれる旅行先の一つが、グアムです。

グアムは老若男女に人気の定番旅行先。1年を通して厚い支持を受けているのには、さまざまな理由があります。

今回は、夏休みの旅行先にグアムが人気な理由や、おすすめ観光スポットをご紹介します。グアムは海やプールだけではなく、ショッピングや宿泊も楽しめる常夏の島。グアムの魅力を知り、夏休みの思い出をさらに彩っていきましょう。

グアムが観光地ランキング上位である5つの理由

SLEEPY LAGOON
画像出典:グアム政府観光局

ここでは、グアムが観光地ランキング上位である理由を5つご紹介します。小さなお子様連れのファミリー層からカップル、友達同士、さらには社員旅行などでも定番人気のグアム。人気の理由を学び、旅行へのモチベーションを高めていきましょう。

日本から近く、フライト時間が短い!

グアムが観光地として人気の理由には、日本から近くフライト時間が短いことが挙げられます。グアムと同じく人気の旅行先であるハワイの場合、フライト時間は約8〜9時間。しかしグアムであれば、3.5時間程度で現地に到着します。

「搭乗して機内食を食べつつ、読書やゲームなどを楽しみ、少し仮眠したらもう到着!」がグアムの大きな魅力です。またフライト時間が短い分だけではなく時差も少なく、その差は日本と約1時間。身体的な負担が少ないため、小さなお子様の初海外旅行にもぴったりです。

日本語が通じやすい

日本語が通じやすいことも、グアムが観光地として人気の理由です。グアムは観光資源が多く、隣国である日本から多くの観光客が来訪します。グアムの中心部タモンにある主要ホテルやレストランでは、多くの店員さんが日本語で対応してくれます。

ツアー先やショッピングなどでも、観光客向けの場所では言葉に困ることも少ないでしょう。都市部では日本語の看板やメニューを備えている店舗も多いため、最初は「本当に外国?!」と驚くことも。親日家が多い点も魅力といえます。

海が綺麗でリラックスできるリゾート地

グアムは美しい海で囲まれた島です。島全体を通してきれいなビーチが楽しめ、心も体もリラックスできます。またビーチによって特徴がありサービスも幅広く、スイム・シュノーケリング・ダイビング・サンセットなどさまざまな楽しみ方があります。

たとえば人気スポットであるタモンビーチは、波が少なくお子様でも泳ぎやすいエリア。プライベートビーチが楽しみたい人には、トンガンリゾートやココパームガーデンビーチがおすすめです。目的に応じたビーチの選択ができるのは、自然に恵まれたグアムならではです。

以下の記事では、グアムに広がるビーチごとの特徴を解説しています。今回の記事とあわせて、ぜひ参考にしてくださいね。

一年中マリンアクティビティを楽しめる

グアムでは、1年を通して温暖な気候が続いています。夏休み時期やゴールデンウイークのような繁忙期だけではなく、11~5月の乾季や6~10月の雨季もマリンアクティビティを満喫できます。四季によって寒暖差が激しくなる日本では味わえない魅力といえるでしょう。

グアムの平均気温は、最も低いとされている1~2月でも24~30℃。反対に、最も高いとされる5~6月でも26~32℃と安定しています。いつ来訪しても水着姿で南国の環境を楽しめるのも、グアムが人気の理由です。

免税でショッピングをコスパ良く楽しめる

グアムが人気の理由として、消費税が発生しないことも挙げられます。グアムはすべての商品が免税対象であるため、自由度の高いショッピングが楽しめます。島全体が大きな免税店といえるような環境のため、買い物好きの人にとっては天国のような旅行先です。

さらにグアムは自由貿易。輸入品に関税がかからない点も魅力。店舗によっては売上税(GRT=Gross Receipts Tax)が発生するケースもあるため、領収書をチェックしながら観光を楽しめばさらに安心です。

グアムの観光スポットまとめ!夏ならではのスポットも

グアムのビーチ
画像出典:グアム政府観光局

ここでは、グアム旅行におすすめの観光スポットをご紹介します。グアムに初めて旅行に行く人はもちろん、旅慣れた人もぜひ参考にしてくださいね。同じスポットでも、シーズンや時間帯を変えると新しい魅力に出会えます。

PACIFIC ISLANDS CLUB GUAM|PICグアムのウォーターパーク

PICグアム

『PACIFIC ISLANDS CLUB GUAM』は、グアム最大級の広さを誇るウォーターパークです。9時から20時までたっぷり遊べ、PICグアムの宿泊者はすべてのアクティビティを無料で体験できます。

また1歳から12歳まで参加できるキッズプログラムも充実しており、お子様の思い出作りにも適したスポットです。

(1~3歳:リトルキッズクラブ託児サービス、4~12歳:キッズクラブ)

マリンアクティビティだけではなく、スポーツや自然を楽しめるエリアも展開されており、1日使っても遊びきれないほど大ボリュームのレジャーが楽しめます。

公式サイト:PICグアム(PACIFIC ISLANDS CLUB GUAM)

CHAMORRO VILLAGE|チャモロビレッジ

チャモロビレッジ
画像出典:グアム政府観光局

チャモロビレッジは、ハガニアに展開されている常設のマーケットです。グアム産のお土産がズラリと並び、ローカルなグルメが楽しめます。日中だけでももちろん楽しめますが、水曜日の夜に開催されるナイトマーケットはぜひチェックしましょう。

エリア中に漂うバーベキューの香りのなか、中央のホールで大勢がダンスに明け暮れる光景は、まさに現実離れした幸せな空間。まるでグアムの仲間に入れたかのような、充実したレジャータイムを過ごせるでしょう。

FISH EYE MARINE PARK|フィッシュアイマリンパーク

フィッシュアイマリンパーク
画像出典:グアム政府観光局

FISH EYE MARINE PARKは、グアムの豊かな海の中を体験できる施設です。水深10mから色とりどりの熱帯魚やサンゴを見られる展望台、実際にココナッツを削って食べられるアクティビティなど、グアムの海の恵みを満喫できます。

なかでもピティ湾海洋保護区で楽しめる『竜宮城シュノーケリング』は必見!エメラルドグリーンに輝く海のなかで、魚たちに囲まれた海中散歩が体験できます。

INARAJAN NATURAL POOL|イナラハン天然プール

イナラハン天然プール
画像出典:グアム政府観光局

イナラハン天然プールは、波や風によって海水がせき止められた天然プールです。現在でも岩々が波をせき止めてくれるため、海水なのに波がないという特別な環境を楽しめます。

休日にはローカルがバーベキューを行ったり、地元の子どもたちが泳いでいたりと、穏やかでアットホームな雰囲気に。都市部から離れているため、ゆったりとした時間を過ごせます。

MICRONESIA MALL|マイクロネシアモール

マイクロネシアモール
画像出典:グアム政府観光局

マイクロシネアモールは、グアムで最大規模を誇るショッピングモールです。120店舗ものショップやレストラン、映画館、スーパーマーケットなどが展開され、グアムのショッピングを存分に楽しめます。

自慢の室内遊園地は、お子様連れかどうかにかかわらず訪れたいスポット。一流ブランドのアパレル商品からローカル愛用の日用品まで、幅広いアイテムを購入できます。

夏休みの旅行は、グアムで決まり!

グアムのリゾートホテル
画像出典:グアム政府観光局

今回は、グアムの魅力やおすすめ観光スポットをご紹介しました。

グアムはリゾートホテルが多く並び、施設によって雰囲気やサービスも異なります。プライベートビーチのある高級ホテルから、リーズナブルかつ清潔で過ごしやすいホテルまで幅広く展開されており、宿泊施設を選ぶ楽しさがある点も魅力です。

子どもから大人まで、何度行っても楽しめる島、グアム。日本からほど近い南国で、夏休みの最高の思い出をつくりましょう!

この記事をシェアする

Writer

&Guam編集部

グアムの最新情報をはじめ、観光スポット、レストラン、ホテル、アクティビティ情報など、グアムの魅力をお届けします!

記事一覧に戻る

関連記事

Related Columns

TOP