画像出典:グアム政府観光局

Spot 2024.06.06

海外リゾート地として人気な場所は?日本から近く海が綺麗なスポット

日本から近い!海が綺麗なリゾート地「グアム」

グアムのロータリー
画像出典:グアム政府観光局

グアムは、老若男女に愛されるリゾート地の一つ。ショッピングやグルメはもちろん、マリンアクティビティが満喫できるのがグアムの魅力。1年を通して温暖な気候であることも人気の理由です。

今回は、日本人に大人気の海外リゾート地、グアムのおすすめビーチをご紹介します。比較的気軽に訪問できる海外リゾートのなかでも、グアムはマリンアクティビティが充実したスポットです。美しいグアムの海に触れ、日本では体験できないバカンスタイムを楽しみましょう。

海が綺麗!グアムでおすすめのビーチ7選

グアムのマリンスポーツ
画像出典:グアム政府観光局

ここでは、海の美しさを楽しめるグアムのビーチをご紹介します。海外リゾートといえば、ダイビングやホエールウォッチのようなマリンアクティビティは欠かせません!観光にも人気のビーチを調べ、グアムの自然を存分に満喫しましょう。

TUMON BEACH|タモンビーチ

タモンビーチ
画像出典:トリップアドバイザー

タモンビーチはグアムの代表的なビーチの一つです。リゾートホテルが立ち並ぶなかに位置し、エメラルドグリーンの透き通った海が楽しめます。アクセスの良さから観光客も多く、ビーチグッズのレンタルが充実しているのも魅力です。

遠浅のため波が少なく、小さなお子さまや泳ぎが苦手な方でも比較的安心して楽しめます。珊瑚礁が織りなす海水は透明度が高く、ぜひゴーグルを着けて水中も覗きたいところ。またサンセット時は海面がオレンジに染まり、昼間とはまた違った表情を見せてくれます。

YPAO BEACH|イパオビーチ

イパオビーチ
画像出典:グアム政府観光局

イパオビーチは、数あるグアムのビーチのなかでもシュノーケルスポットとして人気のビーチです。海水の色は、目が覚めるようなターコイズブルー。有名なフォトスポットでもある「GUAM型のレリーフ」も備えられ、SNSに載せたくなる写真を多く撮影できます。

海中では、カラフルなハコフグや珊瑚礁などのリゾートらしい景色が楽しめます。存分に楽しむためには、珊瑚礁で足を切らないためにマリンシューズも用意していきましょう。トイレやシャワーなど、痒い所に手が届く設備も常備されています。

COCO PALM GARDEN BEACH|ココパームガーデンビーチ

ココパームガーデンビーチ
画像出典:トリップアドバイザー

ココパームガーデンビーチは、美しい海を楽しめるプライベートビーチです。グアム北端のリティディアン公園内に位置しており、ツアー客として申し込むことで有料で入園できます。利用は時間制で部外者は入れず、高い透明度の海と星砂の混じった砂浜を満喫できます。

ココパームガーデンビーチまでの道はデコボコした地面が続くため、酔い止めを持参すると安心です。「誰からも邪魔されない場所で、特別なリゾート時間を過ごしたい」と思っている人にピッタリの、隠れ家的なビーチとなっています。

GUN BEACH|ガンビーチ

ガンビーチ
画像出典:トリップアドバイザー

ガンビーチは、ホテルニッコーグアムからビヒア岬にかけて広がる透明度の高い海です。シュノーケルスポットとして人気なエリアで、ビーチから近い場所で魚を観測できるため、泳ぎが苦手な方やシュノーケル初心者の人でも気軽に楽しめます。

とくに波打ち際付近は、目で見るだけでは海に浸かっているのがわからなくなるような透明度を感じられます。サンセットも美しく、邪魔するものがない真っすぐな水平線に沈んでいく夕陽は必見。プライベート感があふれるビーチであり「人混みに疲れたけれど海は満喫したい」方におすすめです。

TONGAN RESORT|トンガンリゾート

トンガンリゾート
画像出典:トリップアドバイザー

トンガンリゾートは、グアム東部に位置するプライベートビーチです。どこまでも続く深い青色の海が楽しめます。波打ち際から水平線にかけては、自然が織りなす豊かなブルーのグラデーションが拝め、ただ海を見つめているだけでもゆったりとした時間を過ごせます。

冷房完備のレストランやプール、シャワー施設など施設も充実しており、便利さと自然の美しさが両立したスポットです。プライベートビーチならではの清潔な海では、喧噪を忘れられる静かな時間が過ごせます。

HAGATNA BAY|ハガニア湾

ハガニア湾
画像出典:グアム政府観光局

ハガニア湾は、グアムの首都ハガニアの目の前に広がるビーチです。アクセスの良さはもちろんのこと、美しいサンセットは一見の価値あり。マリンアクティビティも充実しており、目で見ても体を動かしても楽しめるスポットとなっています。

数あるマリンアクティビティのなかでも、ハガニア湾で体験できるドルフィンウォッチングやパラセーリングは希少価値の高いレジャー。日当たりが良いビーチのため、自前でビーチパラソルを持参するとより快適に寛げるでしょう。

RITIDIAN BEACH|リティディアンビーチ

リティディアンビーチ
画像出典:グアム政府観光局

リティディアンビーチは、グアムで最も美しいと評価する声が多いビーチです。グアム北丹のリティディアン岬に広がる海で、白い砂浜と青い海というビーチリゾートらしい光景が楽しめます。とくに快晴の日は、青と白のコントラストに感動を覚えます!

ビーチ周辺を含めた全体が国立野生動物保護区に指定されており、美しいグリーンの自然を背景に海を満喫できます。タモンビーチと比べるとやや潮の流れが速いため、泳ぎに自信がある人にはとくにおすすめのスポットです。

グアムが海外リゾートとして人気のワケ

グアムの海
画像出典:グアム政府観光局

ここでは、グアムが海外リゾートとして人気の理由をご紹介します。大人から子どもまで、世代を超えて楽しめるのがグアムの魅力。海やプールなどのマリンアクティビティだけに留まらないグアムの魅力を知り、自分らしい楽しみ方を考えてみましょう。

ハワイに比べて日本からの移動時間が短い

グアムが海外リゾートとして人気の理由に、ハワイに比べて日本からの移動時間が短いことが挙げられます。日本からハワイに行くためには7〜10時間のフライト時間が必要ですが、日本からグアムの場合は3時間半で到着可能です。

またフライト時間の短さは、時差の少なさにも影響を与えます。日本と19時間の時差があるハワイでは、せっかく到着したのに時差ボケで疲れてしまうことも。一方で、グアムと日本の時差はたったの1時間。日本とほぼ同じタイム感でリゾートが楽しめます。

マリンアクティビティが充実している

四方を美しい海に囲まれた島であるグアムでは、マリンアクティビティが充実しています。海やプールでのスイムはもちろん、シュノーケリング・サーフィン・ダイビング・パラセーリング・ドルフィンスイム・ホエールウォッチなど、楽しいレジャーが盛りだくさんです。

他にもジェットスキーやバナナボート、スクリーマー、ウェイクボードなど、泳ぎが苦手な方でも参加しやすいアクティビティを体験できます。お子さま向けのプランも多いため、ファミリーでも安心して利用できる点が魅力です。

観光スポットが一部に集結しており、行動しやすい

グアムは都市部と自然エリアに分かれており、観光スポットが一部に集結しています。そのためホテルを拠点として移動しやすく、効率的に観光できる点が人気です。

たとえば、タモン地区はグアムで最も賑やかなエリア。宿泊施設や観光スポットが密集しており、歴史あふれる首都のハガニア地区とも隣接しています。各エリア同士でバスもつながっており、「ショッピングなら北部と中部、自然と触れ合うなら南部と西部」とメリハリが付けられるため、プランニングしやすいといえるでしょう。

観光客向けのリゾートホテルが多い

グアムは日本を中心に世界的に人気が高い観光スポットであるため、観光客向けのリゾートホテルが多い点も魅力です。ホスピタリティが行き届いており、快適な滞在を楽しめます。

日系ホテルも多く、英語をほとんど話せない方でも安心して宿泊できます。たとえば、全客室から海が見えるラグジュアリーなホテルや、ウォーターパークがあるテーマパークリゾート型ホテルなど、バリエーション豊かなホテルが多数展開されているため、宿泊先選びも楽しみの一つです。

あわせて読みたい ▼ おすすめホテルはこちらをチェック!

海外リゾート地、グアムを堪能しよう

グアムの海
画像出典:グアム政府観光局

今回は、日本人に人気の海外リゾートであるグアムのビーチをご紹介しました。オープン型ビーチやツアー専用プライベートビーチ、ホテル宿泊者用プライベートビーチなど、ビーチによって雰囲気が異なるのもグアムの魅力です。

ビーチによっては利用料金が発生することを注意しつつ、旅行プランに含めやすそうなエリアを事前にチェックしておきましょう。同じグアムでもビーチによって見える景色が異なるため、ぜひ幅広いエリアに足を伸ばしてみてくださいね。

下記の記事では、グアムのビーチや海で遊ぶ際の注意点についてまとめています。今回の記事とあわせて、ぜひ参考にしてください。

この記事をシェアする

Writer

&Guam編集部

グアムの最新情報をはじめ、観光スポット、レストラン、ホテル、アクティビティ情報など、グアムの魅力をお届けします!

記事一覧に戻る

関連記事

Related Columns

TOP